医師専門の求人サイトを利用してみると

華やかな医師の生活を夢みたはずが

華やかな医師の生活を夢みたはずが医師専門求人サイトでの失敗談複数登録する自分の市場価値を知る

テレビのドラマで描かれた生活を目にした人には意外に写るかもしれませんが、医局が長年勤務した経験をもつ私からするとあまりのギャップに辟易するほどです。
どちらが現実で、どちらがドラマか本当にあべこべに思えるほどです。
最先端の医療技術を駆使して、治療の難しい病気でも新規の治療法を発見し、多くの患者を救いたい。
やりがいのある仕事に、週末は家族と都内の戸建て住宅に家族と共に住み、週末は高級自動車に乗って趣味に出かけたりキャンプで自然にふれあったりと、ワークライフバランスも取れた理想的な生活を夢見ていました。
しかし現実の医局での医師の日常は、新規患者さんの外来診療はもちろん、入院患者の回診に手術や院内での症例カンファレンス、宿直勤務も当たり前で宿直開けの翌日も通常通りの勤務なんてざらでした。
やっと休日が取れたと思ったら、いきなりの病院からのオンコールが来て、休みを取るのも間々ならず、肉体的にも精神的にもギリギリの状態にありました。
ある日自分の実労働時間で自給を計算してみると、1時間2500円ほど、これではパートで勤務している看護師さんとさほど変わりはありませんでした。
そこでこれまでの軌跡とこれから先の将来の青写真を想像してみたのです。
医局とは極めて膠着した人事構造になっていて、教授はおろか准教授のルートは順番待ちの状態、前任者が辞職するのを長年の間待ち続けるだけの状態なのは明らかです。
かてて加えて次はどこの系列病院に飛ばされるのか全く予想が付かない状態、教授のご機嫌を損なえば僻遠の病院に何時飛ばされるのか分かったものではありません。

医師求人を見て転職を決意

収入には不満はありませんでしたが、派閥争いがひどくてうんざりしていました。
医師になる前まではそのようなことはドラマだけの話かと思っていたのですが、実際にそれを目の当たりにするとこんな事があるのかと思ってしまったのです。
自分はそのようなものに興味が無いので、できるだけ関わりを持たないようにしていたのですが、そうすると両派閥から敵対視されるので仕事がやりづらくてたまりませんでした。
機会を相手にする仕事ならいざしらず、人間を相手にする仕事でこれはやっていられないと思い、悩んでいた時に医師求人を見て転職を決意したのです。

高須先生の存在がなかったら、美容外科の医者が悪者のイメージでい続けたなーって改めて思う‼

リスペクト(^-^)#高須 #高須クリニック #美容外科

— こゆか (@koyuka0314) 2018年9月19日
医師という職業柄転職自体は簡単だろうと思っていたので、後は環境の良い職場を探すことを第一に活動を始めることにしました。
手応えは良いのですが、なかなかいい雰囲気の病院にめぐりあうことができずに、どこに行っても同じようなものなのかなと諦めかけていました。
そのような時に患者さんのことを第一に考える本当の医療機関を見つけることができ、声をかけてもらうことができたため転職をするに至ったのです。
収入はわずかに減りましたが働きやすい職場を見つけることができ、人のためになることができる今が嬉しくて仕方ありません。

求人 医師医師求人/募集